W
W
Whitepaper
検索…
Sleep-Fi Elements

ユーザーはベッドNFTを保有することで、睡眠を毎日計測することができ、睡眠時間や睡眠の質に応じてトークンを獲得することができます。
計測は原則として1日1回行うことができ、計測に必要なエネルギーは20時間後に回復します。
ユーザーは睡眠を行う前に「メインベッド」、起床時間を選択した後に「スタート」を押すことで計測が開始されます。
計測中は「睡眠時間」、「睡眠の質」がスコア化され、起床したタイミングで「ストップ」を選択することで、トークンの支払いが行われます。
付与されるトークンの量は、指定したアラームの時刻に近づくほど増えていきます。
この獲得量は睡眠データの蓄積と共に良質な睡眠を取っている人に多くのトークンが付与されるように日々アップデートされていきます。

ベッドの種類によって、測定できる睡眠時間が異なります。
このゲームのベッドにはそれぞれ測定可能な睡眠時間が決まっているので、毎日の平均的な睡眠時間に合わせて最適なベッドを用意してください。
計測に使用するベッドは「Main Bed」として設定する必要があり、Main Bedで設定されたBedをもとに睡眠時間の計測が行われます。
例) Middle Bedの睡眠計測時間: 4.5時間~7時間
Middle BedをMain Bedに設定し、00:00に睡眠計測をした場合、04:30から07:00までの時間でアラームを設定することができ、トークンを獲得することができます。
もし、07:00以降にアラームを設定したい場合はLong BedもしくはFrexible Bedで睡眠を計測する必要があります。
睡眠時間が短い人はShort Bed、睡眠時間が中程度の人はMiddle Bed、睡眠時間が長い人はLong Bed、毎日睡眠時間が変動する人は、アラームを自由に設定できるFrexible Bedがおすすめです。
獲得できるトークンの量の最大値は、それぞれのBedで大きく違いは設定されていません。
そのため、睡眠時間の短い人がトークンの獲得量が少なくなるというデメリットはありませんので、普段のライフスタイルの睡眠時間を維持してください。

ベッドには5つの属性(Attributes)が設定されています。それはEfficiency, Luck, Bonus, Special, Resilienceです。
Efficiencyの数値が高ければ高いほど、SLFTの獲得量が増加していきます。
また、Specialの数値が高ければ高いほど、SLGTの獲得量が増加していきます。
詳しいAttributesの説明はベッドNFTを参照してください。

SLFT/SLGTの獲得量は「睡眠時間」・「睡眠の質」の2つを軸として計算されます。
ユーザーは設定したアラーム時刻をベースに前後一定時間以内に起床する必要があります。アラームの時刻に近い時間に起床すればするほど、獲得できるトークン量は多くなります。前後一定時間以外の時間に計測を止めてしまうと付与されるトークンの量が極めて少なくなります。
また、睡眠の深さや効率性を考慮し、獲得できるトークン量は日々良質な睡眠を取っている人が多くのトークンを獲得できるよう調整されています。
最終更新 3mo ago
リンクのコピー
概要
アプリの概要